ブログ

  • clinic

    過敏性腸症候群

    過敏性腸症候群とは 過敏性腸症候群とは、腸に器質的な病気(大腸がんや大腸ポリープなど)は存在しないにもかかわらず、機能的な症状がある病気です。腹部の検査を受けても、特に異常はないといわれ電車の中で腹部に強い痛みを感じて途 […]

    2015.12.17

  • clinic

    パーキンソン病

    パーキンソン病とは パーキンソン病は、脳が出す運動の指令が筋肉にうまく伝わらず、なめらかな動作ができなくなってしまう病気です。パーキンソン病は50~60歳代で発症することが多く、ゆっくりと進行します。日本人の約1000人 […]

    2015.12.17

  • clinic

    糖尿病

    ■糖尿病<糖尿病とは>インスリンと呼ばれる血糖コントロールの働きをもつホルモンが不足し、血糖の数値が増える事により体へ様々な影響を引き起こす病気を「糖尿病」といいます。血液の中にはブドウ糖が含まれており、その […]

    2015.12.17

  • clinic

    痛風

    ■痛風の基本的情報と最近の話題<痛風とは>血液中の尿酸値が高い数値になった状遺体が継続してしまうと、尿酸は尿酸塩という結晶になり、関節や腎臓などに溜ってくるようになります。このように高尿酸血症が原因となり、急 […]

    2015.12.17

  • clinic

    高尿酸血症

    ■高尿酸血症の基本的情報と最近の話題<高尿酸血症とは>人間の体中の細胞には、ほぼ全てに遺伝子が入っています。遺伝子である核酸(かくさん)を構成している主成分がプリン体という物質になり、プリン体が分解されたのが […]

    2015.12.17

  • clinic

    百日咳

    ■百日咳<百日咳とは>百日咳菌への感染で起こります。1981年に導入された精製ワクチンにより、我が国での患者数は着実に減少してきました。しかしながら近年、小児期に接種したワクチンの効果が薄れてしまい、大人にな […]

    2015.12.17

  • clinic

    足白癬(水虫の一種)

    ■足白癬<足白癬とは>水虫の一種で、カビの種類である皮膚糸状菌が皮膚に感染して生じる病気です。皮膚科外来では、患者数の10〜15%程度を占めるほど比較的多い病気で、足に起きる白癬菌感染症(水虫)は、全白癬患者 […]

    2015.12.17

  • clinic

    下肢静脈瘤

    下肢静脈瘤とは 足の表面にあるたくさんの静脈が拡張し、蛇行屈曲して浮き出た状態です。静脈弁の機能不全による一次性静脈瘤と、生まれつき静脈が拡張している先天性静脈拡張症のような二次性静脈瘤に分けられます。 ほとんどは一次性 […]

    2015.12.17

  • clinic

    睡眠時無呼吸症候群(SAS)

    睡眠時無呼吸症候群とは 睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、眠っている間に気道が塞がり、睡眠中に無呼吸状態が繰り返される病気です。気道が塞がる原因は、気道・喉・顎・鼻周りの形態的特徴の他、呼吸中枢が関与する場合もあります。 […]

    2015.12.17

  • clinic

    神経障害性疼痛

    痛みの種類 痛みは、持続する時間や原因などによって分けられます。持続する時間による分類では、比較的短い時間で痛みが消える「急性疼痛」と、痛みが長く続く「慢性疼痛」に分けられます。原因による分類では、炎症や外傷などによって […]

    2015.12.17

TAGタグ